ロゴ

建築業界で活躍する

建築業界で活躍するには、建築関係の資格を取得するのが早道となります。就職に有利なだけでなく、給料の面でも大きな差がつくため、建築業界を目指す人は取得に向けて頑張って勉強するのが得策でしょう。

建築関係で役立つ資格

建築

最も役立つのは一級建築士

一級建築士は、建築業界において花形的資格です。多くの建築関係者によって最も役立つ資格だと認められており、個人の住宅から高層ビルなど、どんな建物でも扱うことができます。面積や階数、高さなどの制約なく設計・工事管理が行えます。

施工管理技士

施工管理技士の資格は国家試験で、業種別に分かれています。業種は建設機械、土木、建築、電気工事、管工事、造園の6種類があります。特に、一級建築施工管理技士の資格は、様々な業務を行うことが可能になります。

技術士建設部門

技術士建設部門も、建設業界において有益性の高い国家資格です。一次試験と二次試験があり、どちらも選択科目制となっています。資格を取得すると、営業所における専任技術者になることができます。試験は、1年に1回です。

一級建築士の求人はインターネットで探そう

間取り図

インターネットを駆使して探そう

建築関係の求人は、インターネットを駆使して探すのがおすすめです。建築業界の求人に特化したサイトもあるので、建築関係のどの職種に就きたいのか整理して探すのが良いでしょう。職種としては、建築土木、設計デザイン、営業・事務などがあります。同じ職種でも、会社によって労働条件が異なるため、いくつかの会社の情報を比較してみるのもおすすめです。給料や職場環境など、よりメリットの多い方を選ぶようにするとよいでしょう。